昨日は、日立市川尻町にあるサン豊浦さんで行われた、地域ケア会議に初めて参加して来ました。

 

今までよく知りませんでしたが、「地域ケア会議」って『会議』ていうから、居宅のケアマネさん・医師・看護師・地域包括の職員・社会福祉協議会の人などなど偉い人たちで話し合って課題分析やプランの方向性とか話し合うのかなー?緊張するわー(汗)とか勝手に思ってました。

地域住民の支援困難なケースを、いろんな人たちの知恵や知識を出し合って今後の方向性を見つけていく話をする場、というのが「地域ケア会議」のようです。

思ったほどの堅苦しさはありませんでした。(勝手に思って勝手にびくびくしてたのはこっちですが。こういうのを取り越し苦労といいます)

 

 

 

よかっぺかふぇにも来ていただいた職員の方もいて、豊浦地区の地域住民のマンパワーも知る事が出来ました。

 

 

 

そんな中で、管理栄養士が出来ることを少しずつ考えながら聞いていました。

食事制限があっても、デイサービスでの食事以外はほとんどなにも対応しないで在宅生活をしている様子を聞き、改めて在宅へ管理栄養士が出る必要を感じました。

訪問栄養指導が、普通に保険請求できるようにするには、医師の協力・後押しが必須ですけど、私の場合は訪問医師から協力要請もらっているのですが、保険請求できる環境ではないために進まないというもどかしい状況です。

 

 

 

管理栄養士が直接保険請求できるようにしてほしい!と切に思いました。

 

 

とりあえず今出来ることから少しずつ前へ前へ、しかないですね。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM