先日、厚労省のページ内で、茨城県栄養士会の活動内容が紹介されました。
厚労省から栄養ケア活動支援事業として補助金を受けて、都道府県栄養士会が地域栄養ケアに貢献した報告書です。

 

『あなたの栄養と食生活のアドバイザー 管理栄養士を知っていますか?』
−都道府県栄養士会の取組を中心とした地域における栄養ケア活動と管理栄養士による訪問栄養食事指導−(平成30年1月9日)

http://www.mhlw.go.jp/iken/after-service-2018.01.09.html

 

末端ですが、私も関わらせていただきました。

 

茨城県栄養士会で強く推している食事アセスメント(BDHQ)は、高齢者の方でもちゃんと答えられているものです。
短時間で継続的に食事支援ができるツールです。
県栄養士会の研修に参加している栄養士は、このツールを使って適切な栄養指導を行っています。
(簡単に言うと、医療経営面からコスパはいいです)

 

特に県北は病院が少なくて、無床クリニックが多く、慢性的な医師不足の状態です。
管理栄養士は治療と予防の両方に深く関わって、地域住民の健康に貢献できる職業なのですが、まわりのクリニックで管理委栄養士から栄養指導を受けた人を聞きません。

 

医師の負担軽減にも、今後増えていくであろう在宅へのケアに役に立つ、管理栄養士を利用してみませんか?

 

茨城県栄養士会の栄養ケアステーションから派遣される管理栄養士を活用してください。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM